先天性異常には、様々な要因がある?

 

 

先天性異常には、なず遺伝子的な原因と環境的な原因があると言われています。
産まれてから比較的簡単に見つかる事から、昔から知られていました。
しかし20世紀の始めは、先天性異常は先天性代謝異常と定義されていて、その原因の多くは酵素異常を伴い、化学的な検査で診断され決められていました。

 

しかし、近年では遺伝子的な要因も考えるうようになり、遺伝子的な先天性異常から先天性難聴や発達障害、知覚障害などの発達に関わる疾患もこの遺伝子異常から来る事が分かりました。
しかし近年では化学の進歩から、どこからどこまでを先天性というのかの定義が凄く曖昧になってきています。
例えば、成人してから発病する事が多い「ハンチントン病」「筋強直性ジストロフィー」などはがあります。
また子供の時に発病する事が多い「代謝性疾患」「変遷疾患」などがあります。
これらは言ってしまえば、後天的異常だが、先天性異常としてくくれら、またお腹にいる時に発見されたら先天性なのか、出産してすぐに見つかったら先天性なのかも論議になっています。最近ではお腹の中にいる時から羊水をチェックする事によって先天性異常のチェックも容易になっています。

 

 

【妊娠希望・妊婦さん必読】先天性異常は、いつおこるの?

 

 

先天性異常はまず受精して2週間、胚芽期と言われ、この時に受精卵は分裂して胚となり着床して、流産になるのかそれとも出産する事ができるのかが決まります。
この時点では、まだ先天性異常は生じていません。

 

 

 

そして3週間目から8週目の終わりを胚芽期と言い、この時期に受精卵は分裂して図のように細胞が増殖されていきます。主な体や内蔵などの細かい器官もこの時期に形成されていきます。
違う呼び方では器官形成期と呼ばれ催奇形因子と良いもっとも
デリケートな時期と言われ、この時期に発生する異常を化学的には、胚芽病と言われています。とくにこの時期に見れるのが「無脳症」「2分脊椎」などの先天性異常です。これらはとくにこの時期に形成される中秋神経が、板状のものから管状になる時に、噛み合わせが悪くなる事が原因です。
この時期に核酸という葉酸から作られる、DNAやRNAのもととなる成分が不足しているとこのような先天性異常が起こるとされています。

 

そして9週目以降は胎児期と呼ばれて、この時期におこるのは小奇形や機能障害が多いとされています。

 

先天性異常の発生の仕組みは大きくわけて6つ

 

1 奇形
遺伝子の変異が原因で、子宮などの母体的な影響ではないものお

 

2 変形
物理的な変化が起こり、生じる現象で、子宮の形態異常であったり
羊水過少や子宮の形態異常による子宮内圧迫などがある

 

3 破壊
外的な要因ではあるが変形とは違い、感染症、血流障害、母体の栄養障害
などが原因となっています。

 

ここからは多発奇形と呼ばれるものです。

 

4 連鎖
2の変形と3の破壊が合わさったものを多発奇形の連鎖と言います。
羊水の漏出や羊水の過少で子宮壁が圧迫さ、顔面や四股の変形や肺低形成など
の複数の要因が関係してみれる症状の事です。

 

5 奇形症候群
同じ原因によって生じる複数の連鎖の事で例えば、13トリソミーという遺伝子に異常があった場合、頭や脳など複数の過少に障害が生じてきます。1つの原因んで複数の障害がでる事をこの奇形症候群と言います。

 

6 連合
同時に起こりやすい組み合わせの事を言います。
原因ははっきりはしていませんが、統計的に合併しやすい、多発奇形などがあります。

 

 

先天性異常の原因とおよその割合

 

単一遺伝子の変異 約20%
染色体異常 約15%
環境要因
母体要約4%
感染2%
その他2%
他因子遺伝60%

 

このような割合になっています。 

 

葉酸を摂取する事で、先天性異常の確率を70%も軽減できる!?

 

 

厚生労働省では、2000年から妊娠希望の女性にむけて葉酸の摂取を推薦するようになりました。
これは実は1991年にアメリカ、ニュージーランド、カナダなどの先進国が7カ国加わり33カ所で行われた大規模な調査が行われました。

 

その結果、葉酸を摂取した女性は摂取しない女性と比較すると70%もの先天性異常のリスクが軽減できる事が分かりました。
 
その結果、アメリカでは1992年にCDC(国際安全衛生センター)から妊娠希望の女性へむけて葉酸の摂取が義務づけられるようになりました。

 

そして1996年位は、穀物類などの主食になるものパスタやシリアルにも葉酸を添加する事を義務づけしました。
この結果を受けて、イギリスでは1992年に
中国・カナダ・ニュージーランド・フィンランド・ノルウェー・南アフリカ・オランダでは1993年にオーストラリアでは1994人に葉酸の摂取を義務づけるようになりました。

 

しかし、日本の先天性異常への妊娠はまだまだ低く、他国に遅れること数年・・・

 

 

 

(⇒厚生労働省のサイトから

 

2000年にようやく葉酸の摂取が推薦されはじめました。
しかし日本ではまだまだ葉酸の認知度が低く、妊婦さんを対象に葉酸の認知度を調査した所半数程にしか認知されていませんでした。
その後、2002年に母子手帳にも記載がはじまりましたが、日本は1980年代の先天性異常の発生率と比較して2倍以上に上がりました。

 

(母子手帳から) 

 

1980年日本の2倍以上の先天性異常の発生率だったアメリカではなんと今では
日本の半分以下といわれています。それほどまでに葉酸の義務化が大きく影響している事が分かりました。

 

また1日に必要とされる葉酸の摂取量は以下の通りになります。

 

 

 

 

葉酸は、食事からだけでは不十分な理由とは?

 

 

葉酸は、もともとビタミンB群の一種であり、水溶性ビタミンの一種です。

 

水溶性ビタミンは水に溶け易いというデメリットがあり、厚生労働省の調査では、水溶性ビタミンは60度のお湯で茹でた場合はその
半分以上が茹で汁へと流れていってしまいます。
 

 

もし、ほうれん草で葉酸400マイクログラムを摂取しようと考えた場合、1日400g以上のほうれん草を食べる必要があります。
ただ・・・つわりの酷い妊娠初期などは食事も難しい時期があるので、厚生労働省は、葉酸をサプリで摂取する事を推薦しています。
 
 

 

 

先天性異常のリスクを低下させるために、葉酸サプリからの葉酸摂取が推奨されています。
たくさんある葉酸サプリの中でも、ベルタ葉酸サプリは特におすすめです。

先天性異常を防ぐためにどんな葉酸サプリを摂取するべき?抑えておきたい3つの葉酸サプリ選びのポイント

 

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、天然の葉酸サプリで美容成分を多く入っています。粒の大きさも小さく、つわり時にも飲みやすいように香りも強くありません。もちろん葉酸量は400マイクログラム入っていて安心して飲むことができます。  また妊娠初期に嬉しいのが鉄分やカルシウムが豊富に入っている事と美容成分も含まれています。
また、他の葉酸サプリの会社違い妊娠の事などサプリの事などについて問い合わせれるお客様サポート(電話サービス)が充実している事です。多くのサプリ会社は代行業者を使うなか、妊娠経験のあるスタッフをお客様サポートセンターに配属しているのはベルタ社だけです。葉酸サプリへのこだわりも他の葉酸サプリより強く間違いのない安心感の高い葉酸サプリです。
 
 
 
 
 

東尾理子さんが妊娠中に愛用していた事から人気が出た葉酸サプリで、今でも芸能人の愛用者が多く、ベルタ葉酸サプリに並んで栄養価もとても高いです。ただ・・・残念な事が値段が高価になります。
妊娠前から妊娠後まで飲むと考えた時に、毎月7,000円弱の出費は少し厳しいように思いますが、その分成分も非常に高いので、特に高齢出産を控えている人などにおすすめ出来る葉酸サプリです。

 




 

最近発売されて人気が爆発している葉酸サプリで、 後藤真希さんや、あびる優さんなど人気の高い芸能人が利用している事から火がついて葉酸サプリでデザインもシンプルでかわいく、葉酸自体の成分も非常によく、鉄分やカルシウムもしっかり入っています。ただ、カルシウムや鉄分は、ベルタ葉酸サプリや美的ヌーボに比較すると少ないですが、栄養価はある程度食品からもとってほしいというララリパブリックの研究者の思いがそこにあります。
今後ますます人気が出てくる葉酸サプリです。
また、美的ヌーボやベルタ葉酸サプリよりも価格が安く毎月3,000円からの定期購買が可能で、しかもいつでも解約可能なので1ヶ月試して合わなかっても解約が可能なのでコスパも非常に優れている葉酸サプリになります。